白髪を抜くと増えると言うけれど・・・

「白髪を抜くと増える」と良く言います。迷信だと思っている人も多いと思いますが、あながち嘘ではないんです。はっきりとした明確な根拠があるというわけではないのですが、無理に白髪を抜くことで毛根を傷つけてしまい白髪になってしまうことがあるのです。

これは何も白髪に限ったことではなく、黒くて健康な髪を無理に抜いても同じことが起こります。無理に抜くことで毛根が傷つくと髪の毛が抜けやすくなったり、生えてこなくなったり、白髪以外のトラブルに見舞われることもあります。

ですから白髪を見つけたとしても抜かないようにすることが大切なのです。しかし「白髪を抜く」以外に、どんなケアをするのが良いのでしょうか。その辺りをこれから解説してゆきます。

白髪が増えてきたら自宅で染められる白髪染めを使うという方法もあります。また白髪染めトリートメントやシャンプーなどもあって、かなり手軽に染められるようになりました。

抜きたくなる気持ちも分かりますが、白髪はどうしても増えてゆくもの。最初のうちは1本、2本だったものが、どんどん増えて行って抜いていたらその部分だけ小さく禿が出来たなんてことにもなりかねません。


本数が少ないなら、これがベスト

白髪は1本1本カットする

全体的に白髪があるというのなら、1本1本対策を取ることが難しいので白髪染めを使って染めてしまうのが良いでしょう。ただ白髪染めというのはカラーリングをするよりも髪の毛が傷みやすく、頻繁に染めていると髪の毛がパサパサになってしまうことも。

もし白髪が数本だけというのであれば、根元ギリギリでカットをするのがベスト。分け目に白髪を見つけるとかなり目立つのですが、カットするだけで気にならなくなります。

もちろん伸びてくればまたカットをする必要がありますが、この方法が一番髪の毛や毛根に負担をかけることなく、白髪を処理することが出来る方法です。このとき白髪を抜いてしまうと、その周りにある黒い髪の毛が白くなってしまうこともあります。

1つの毛根から1本の毛が生えているわけではなく、数本まとめて生えているので健康だった黒い髪の毛もダメージを受けてしまうのです。ですから抜かないようにしてくださいね。


抜くと生えてこなくなる?

抜くと生えてこなくなる?

「白髪を抜くと増える」ということ以外に「白髪を抜くと毛が生えてこなくなる」とも良く言われます。ですが、実際には白髪を抜いて生えてこなくなるというのは、極々稀なことなのです。

ただ稀であるとはいえ可能性がゼロではないので、白髪を抜くという行為はやめましょう。髪の毛というのは、毛根の中にある毛乳頭が壊れると毛が生えてこなくなります。

年齢を重ねていくとどうしても白髪が気になるようになってきますが、加齢によって毛乳頭がすでに弱っている可能性があります。ギリギリのところで維持をすることができたのに、白髪を抜いたことで毛乳頭が傷つき、髪の毛が生えてこなくなってしまうかもしれません。

髪の毛が生えてこなくなり、その部分だけ小さく禿るというのは白髪よりも深刻な悩みですよね。抜くという行為は、そういった可能性があるということを十分に理解しておきましょう。


抜くと、こんなトラブルになることも

白髪を抜くことで起こる問題は、何も髪の毛が生えてこなくなるだけではありません。無理矢理抜いたことがある人は分かるでしょうが、健康な髪の毛を抜くと「痛み」も伴います。

これはそれだけ肌にも負担がかかっているということでもあるのです。毛根や毛乳頭だけではなく、肌にもダメージを与えてしまっているわけです。

そしてさらに怖いのが雑菌の侵入です。イメージが出来ないかもしれませんが、白髪を抜くことで毛根や肌が傷つきます。その傷から雑菌が入り込んでしまい炎症を起してしまうこともあるのです。こうなってしまうと白髪だけの問題ではなくなってしまいます。

このように「抜く」という行為で良いことなど1つもないのです。抜いたあとは白髪がないので、キレイに処理が出来たように見えるかもしれませんが、白髪を抜いても次に生えてくる髪の毛は白髪。

繰り返し抜いていては、トラブルに会うリスクも高まるというものです。「白髪を抜いても良いことは1つもない」と認識をして、まずは白髪になってしまう根本的な原因を追究するようにしていきましょう。